2017年3月28日火曜日

めいたんパーク 活動日記 3月7日『お店屋さんごっこ』

平成29年3月7日(火)めいたんパーク「お店屋さんごっこ」

今回もたくさんのお友だちがあそびに来てくれました。

ふれあい遊びの後は、今年度最後の育じータイム

そして、お店やさんごっこスタート!
たくさんのお店がズラーっと並びました。
好きなお店に移動して、エプロンをつけ、張り切ってお店やさんをしている親子。
お財布を持って、いろんなお店巡りを楽しんでいるお客さんたち。
「これください。」「どうぞ。」
商品やお金を受け渡しする姿がぎこちなく、その姿がとてもかわいかったです。



おもちゃ屋さんでは手作りおもちゃのキットがあり、作りたいおもちゃを選んで
親子でおもちゃ作りを楽しんでいました。

どの商品もとてもリアルで本物みたい。
本物といえば!
写真にはありませんが、育じーのCDショップもオープンして、
育じーソングが詰まったCDを販売(プレゼント)していました。
持参した写真を缶バッジにできるお店もありましたよ。

とってもにぎやかに盛大にお店やさんごっこを開催することができました。




2017年3月24日金曜日

介護福祉コース 旅立ちの日




 平成28年3月15日(水 )、第50回学位記授与式と第8回修了証書授与式が執り行われました。 

 柔らかな春の日差しとは裏腹に気温の上がらない1日でしたが、卒業生・修了生は晴れやかな表情でそれぞれの夢に向かって、新たなスタートを切りました。
 2年間の学生生活を、共に支えあい励ましあってきためいたん☆かいごの卒業生も、揃って旅立ちの日を迎えました。
 今年の学位記授与式は、めいたん☆かいごの桧垣大樹さんが卒業生代表で挨拶をする大役を仰せつかり、クラス全員でハラハラドキドキ見守りながらも、なんとなく誇らしい気持ちで臨んでいた様子。素直な、彼らしい言葉に涙をこぼしている先生がたくさんいらっしゃいました。


 体育館での式典の後は、教室でひとりひとりに学位記と記念品が手渡され、先生達から笑いあり、涙ありの最後の授業。学生達からはサプライズで花を贈っていただき、今年もまた、嬉しくてちょっぴり寂しい季節を迎えたことを実感しました。



それぞれの道で、それぞれの花を咲かせてください。
みんなのこと、ずっと、ずーっと、応援していますよ。





2017年3月17日金曜日

栄養 College Life Vol.22 栄養教育実習報告会




 1月15日、22日に栄養教育実習報告会を行いました。


1月15日(木)      実習報告1     模擬授業「食べて元気に−五大栄養素のはたらき−」




1月22日(木)      実習報告2   「栄養教育実習を終えて」






2017年3月10日金曜日

学生寮 送別会

平成29年1月30日 18:00からめーたんホールで送別会が行われました。
 今年度最後の食事は焼き肉パーティでした。肉食女子はお肉を見事に完食しました。
デザートタイムやビンゴゲーム、皆の笑顔が素敵で、ほっこりしたあったかい送別会になりました。



   



介護福祉コース 介護福祉研修集会を開催しました




 2月22日(水)、2年生による『平成28年度 今治明徳短期大学 介護福祉研究集会』が開催され、無事に終えることができました。
 実習やボランティア、そして学校での学びなど2年間の様々な体験を通して、事例や課題から各自がテーマを持ち研究したことを発表する介護福祉研究集会。明短介護福祉コースの2年生の、卒業前最期の大事な行事です。

 今年の介護福祉研究集会は三部構成で開催され、第一部は、特別養護老人ホーム シルバーハウス吹揚の施設長 近藤福兒様に『介護福祉現場が求める介護福祉職』と題しご講演いただきました。
 特別養護老人ホーム シルバーハウス吹揚は、これまでにたくさんのめいたん☆かいごの学生たちが実習でお世話になってきた施設です。
 現場が求める介護福祉士としての使命や社会人として心構えなど、ご自身の経験や現場で日ごろ感じられていることを交えながらお話しくださり、介護福祉士としてのデビューを目前にした2年生には、とても身の引き締まるお話だったようです。また、1年生にとっては今後の実習にどのように取り組んでいくか、向き合っていくか、を考えるきっかけになるお話でもありました。


 
 第二部からが学生による発表です。
 第二部は事例報告として、馬場涼香さんは『日常に楽しみを持つことができ、余暇時間を楽しむことができる』、日吉貴久さんは『なるべく部屋にこもらない生活をする』と題し、それぞれが介護実習DEで担当させていただいた利用者の介護過程の展開について、その成果を発表しました。自分自身の支援を振り返り、真に求められる支援とはどのようなものか、真剣に向き合い考察してきたことを発表する姿に、2年間の成長を感じました。

 第三部は、重松未羽さんが『認知症の人との関わり方~認知症ケアの3つの方法の比較から~』、竹内陽美さんが『震災から地域を考える』と題し、1年を通して行ってきた介護福祉研究を発表しました。2年間の学内外における学びを土台にした研究の成果を自分の言葉でしっかりと伝える姿はとても頼もしく、大切に、丁寧に研究を重ねてきたことが伝わってきました。



 めいたん☆かいごの介護福祉研究集会は、学生たちだけで創りあげるものです。準備はもちろん、舞台の下や外で、一所懸命に自分の役割を全うしたクラスメイトがいたからこそ、4名の発表が素晴らしいものになったと思います。みんなの成長が肌で感じられ、カメラのファインダー越しに何度もグッとこみあげてきてしまいましたよ~。本当にお疲れ様でした。

 1年生は、先輩たちの姿にとても刺激を受けたのではないでしょうか。これからの学びや実習に活かして、自分がどんな介護福祉士になるのか、共に学びながら考えていきましょうね! 


 実習先でお世話になった皆様、保護者の皆様、卒業生の皆様、地域の皆様、教職員の皆様、2年間温かく見守っていただきありがとうございました。
 間もなく、卒業です。

2017年3月9日木曜日

めいたんパーク 活動日記 2月21日 「サーキット遊び(雪あそび)」

平成29年2月21日(火)めいたんパーク「サーキット遊び(雪あそび)」

今回は、たくさんのお友達があそびに来てくれました。
スペシャルゲストのとらじろうも登場!
一緒に手遊びや絵本の読み聞かせを楽しみました。




あかまるちゃんくろまるちゃん」の絵本からとびだしたしろまるちゃんをさがして、サーキット遊びにスタート。
各コースにチャレンジすると、学生からいろんな色のまるちゃんをもらえます。
それをとらじろうのエプロンに次々と貼っていきます。
でも、どのコースを探してもしろまるちゃんが見つからない…。

みんなでしろまるちゃんを探していると、どこからともなく降ってきた雪。
「もう一回やってー!」とリクエストする度に、たくさんの雪が降り、その度に「キャー!」「わー!」と目をキラキラさせていました。




あっ!そうか!
しろまるちゃんはここに降り積もっているこの雪だったんだ!

みんな、一生懸命雪を集めてしろまるちゃんを作りました。
出来上がったしろまるちゃんを嬉しそうに持ち帰るお友だち。

今回は、あんよができる前の小さなお友だちもたくさん遊びに来てくれて、学生もたくさん抱っこさせてもらいました。一対一でゆったりと関わったり、抱っこでお兄ちゃんお姉ちゃんの様子を見に行ったりと、とても貴重な経験させていただきました。

すくらむハートさんのパン販売も毎度長蛇の列。
帰る準備をして一旦外に出たお友だちも、「パンいるー!」と長蛇の列に並んいました。

今年度の活動は、3月7日(火)と3月21日の2回のみとなりました。
元気に遊びに来てくださいね。

2017年3月6日月曜日

栄養 College Life Vol.20 1・2年生合同食事会




  2月13日(火)学生祭の売上げで食事会をしました❤︎

先輩達と一緒に料理を作る初めての機会!
いつもの実習とは違う雰囲気での調理にワクワク(๑>◡<๑)
チーズフォンデュ&スィーツビッフェを楽しみました♪





このページの先頭へ戻る