2017年5月22日月曜日

国際観光ビジネスコース 半島四国八十八カ所霊場巡り

4月29日「半島四国八十八カ所霊場巡り」に参加しました。


約30キロ計30カ所を回り美しい海や山の景色を楽しみながら、地域の方々と交流することができました。



また、接待所では、おにぎりやお茶などを振る舞っていただき、みんなでおいしくいただきました。
学生からは「また周りたい」との声も。
お遍路についての理解を深めることができよい経験になりました。




2017年5月12日金曜日

めいたんパーク 活動日記 5月9日 楽しい遊び講座『夏野菜の苗植え』

5月9日(火)めいたんパーク
 楽しい遊び講座「夏野菜の苗植え」

天気予報を見ながら、どうか活動時間中は雨が降らないでほしい!
と願っていたスタッフの願いが叶わず、朝から降り始めた雨。

しかし、晴れプログラムの内容でめいたんパークスタート!

大きなロボットが登場したと思ったら、画面にもロボットが現れて、
野菜のシルエット装置スタート。
ロボットと映像が連動した、楽しい時間が始まりました。




親子や学生、教員やスタッフまでも興味津々。
トマト、きゅうり、なす、かぼちゃ…
色々な野菜の形、色、切った時の断面をみんなで見ながら夏野菜について知り、
豆知識を教えてもらい、野菜の写真をロボットに入力すると
ロボットから、野菜の苗が出てきました。

お部屋でもボールプールやおえかきコーナーなどゆっくり過ごせるコーナーを設けて

少し雨は降っていましたが、苗植え希望者は傘をさしてお外に出発!
JAスタッフに植え方を教えてもらって、早速苗植えをしました。
学生も親子が濡れないように傘をさしながら、一緒に苗植えをして親子と触れ合いました。






トマト、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ…
(※ロボットのところで出てきたなすは、都合によりピーマンに変更しました。)

スコップで穴を掘って苗をそっと入れて、優しく土をかぶせながら
「大きくなってね~!」お願いしている親子もいました。

あまり経験することのできない雨の中での活動。
新鮮で楽しい時間となり、
雨だからお外に出られないかなかな、と思いながら遊びに来てくれた
親子にも喜んでもらうことができました。


※今回と、5月31日(火)に予定していた「ママサロン」(越智ミドリ先生の子育て講座・相談)は、
  都合により、6月のめいたんパークで開催いたします。ご了承ください。


2017年5月8日月曜日

めいたんパーク 活動日記 4月 ~平成29年度もがんばります!~

~4月~ 新年度 めいたんパーク スタート!

4月18日(火)「ふれあいあそび」

新年度第1回目のめいたんパーク。
2年生になったばかりの幼児教育学科の学生たちと、はじめて遊びに来てくれた親子を含め15組の親子をお迎えし、ゆったりとした雰囲気の中、スタートすることができました。
「ふれあいあそび」を主活動として、親子と学生が手遊びやお話、歌をとおして触れ合った後、学生と親子によるグループ活動を行いました。
各グループに分かれ、指人形作りと指人形あそび、学生による絵本の読み聞かせ、手遊びなどを実施しました。




4月25日(火)「こいのぼり作り・花の種まき」

ふれあい遊びの後は親子と学生によるグループ活動の時間。
シールをペタペタ貼ってこいのぼりを作り、畑に移動して遊びました。
元気よく走り回る子どもたち。
畑のお花を摘んだり、土あそびをしたり、だんご虫や蛙、てんとう虫を見つけたりして、自由に過ごしました。
花の種まきも行いました。親子で好きな場所に好きな種をまきました。
どんな芽が出てどんな風に成長していくのか楽しみです。
その他にも、学生と親子で絵本の読み聞かせを楽しんだり、探検に出かけたり、お水に触れたりして、青空の下、のびのび過ごすことができました。




今年度も活動終了後に、すくらむハートさんのパン販売を実施しています。
ぜひご利用ください。

2017年5月1日月曜日

介護福祉コース 新入生交流研修に行ってきました





 4月21日(金)、介護福祉コースの1年生は、交流研修で広島県の大和ミュージアムを訪ねてきました。


 交流研修は、学生同士はもちろん、教職員との交流や親睦を深める目的で、毎年、新入生を対象に実施しています。今年は戦艦大和の歴史を知り、平和の大切さを考るとともに、高齢者が生きてきた時代背景等、介護福祉に必要な知識や情報を得る目的で、広島県呉市の大和ミュージアムに行ってきました。


 大和ミュージアムは、別名を『呉市海事歴史科学館』といい、近代日本において代表的な軍港として栄えた呉市の運営する博物館です。世界最大のタンカーを数多く建造する明治以降の「呉の歴史」と、造船・製鋼を始めとした「科学技術」の紹介が主に展示されています。しかし、入館してすぐに目に飛び込んでくる10分の1の戦艦大和や、沖縄特攻に参加した戦艦大和の乗組員たちの写真や名簿、遺書や手紙、零式艦上戦闘機六二型などの貴重な実物資料の展示からは、悲しい過去だけでなく、決してそれを繰り返してはならない、忘れてはならない『戦争』というものの悲惨さも教えられたように思います。日本が世界に誇る素晴らしい技術力は平和の為にこそ使ってほしいですね。



 大和ミュージアム見学後は、建物外のレンガパークや大和波止場を散策したり、近くの海上自衛隊呉資料館『てつのくじら館』を見学したりと思い思いの時間を過ごしながら交流を深めました。


2017年4月28日金曜日

学生寮 平成29年度 ☆歓迎会☆

 毎年恒例行事の学生寮・歓迎会が4月21日(金)に行われました。

 今年は2部形式で寮食を食べた後、先生方をお招きしての茶話会の運びとなりました。
 少数精鋭の2年生が企画した歓迎会は、寮長持ち味のほんわかした性格が空気を和ませてくれました。一年生の質問コーナーでも盛り上がり交流も深まりました。

 郷土のお土産に癒され、お腹いっぱいで至福の時間が流れました。アットホームな雰囲気で寮生活のスタートです。







2017年4月27日木曜日

介護福祉コース めいたん☆かいごふくしを見に来ませんか?


実際にキャンパスを歩いて、講義を体験して、在学生や先生と直接話して、 
「めいたんのかいごふくし」の雰囲気を感じてください! 
めーたんホールで学食の体験(もちろん無料♪)もできますよ~。

 キャンパス見学会の詳細・参加お申込みは



2017年4月25日火曜日

介護福祉コース 島四国遍路の体験をさせていただきました





 前期授業が始まって1週間。まだまだ緊張気味の1年生ですが、4月15日(土)には早速、めいたん☆かいごふくし伝統の行事、島四国遍路の体験に出かけてきました。
 島四国遍路は、約200年前、四国八十八カ所になぞらえた霊場を今治市・大島にも設け、世の人々を救う願いをおこそうと、医師・毛利玄得、庄屋・池田重太、修験者・金剛院玄空の3人が開創したといわれるものです。

 大島の住民が200年以上もの間、大切に守り、受け継ぎ、伝えてきた“お接待の心”を実際に体験することは、介護や福祉の世界を目指す学生たちにとって大切な“人と人との関係”を学び、地域住民やお遍路さんとの交流を通して“地域に根ざした福祉”を考えるきっかけにもなります。島四国遍路は、めいたん☆かいごふくし伝統の行事であると同時に、大切な学びの時間です。


 1年生にとっては、入学早々の学外での授業。島四国心のふるさと会 会長の矢野都林さんに、島四国の歴史をお話していただいたり、足浴(めいたん☆かいごふくし伝統のお接待)の練習をしたり、入学式から1週間という短い時間でしたが、精いっぱいの準備をしました。



 そして今年も「歩き遍路体験」と「お接待体験」の2チームに分かれ、晴天の中、島四国体験のスタート。

 歩き遍路体験チームは、矢野都林さんの先達のもと44番札所から元気に歩き始めました。矢野さんは、毎年明短生と一緒に歩いてくださっており、今年もとても楽しみに待っていてくれたそうです。
 心地よい潮風と大島の自然に囲まれ順調なスタートを切りましたが…険しい山道や滑りそうになる坂道に悪戦する学生もチラホラ。時間がたつにつれ笑顔が消えていく1年生を励ます2年生の姿をとても頼もしく感じました。
 出会ったお遍路さんと交わす「こんにちは」の挨拶、大島の方々から頂いく温かいお接待やその心に感謝する「ありがとうございます」の言葉に背中を押され、全員、最後まで歩くことができました。





 お接待体験チームは79番札所福蔵寺さんで、足浴のお接待をさせていただきました。明短生の足浴を楽しみに毎年歩いていると仰ってくださる方もいる、先輩方から受け継いできたおもてなしの心。こちらのチームも、戸惑う1年生を2年生がさりげなくリードしてお遍路さんとの触れ合いを楽しめたようです。
 そして何より「ありがとう」の言葉をいただく喜びを知ることができました。




この体験が、これから先もずっと学生達の力になってくれることを、願っています。

このページの先頭へ戻る